CODER
TOP 財団概要 発達検査 研究委託 紀要「発達研究」 学術研究助成
事業について
NEWS
LETTER
募集要項 受賞者リスト
受賞者リスト

■ 昭和61年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 「自己教育性」の発達的変化に関する研究 浅田 匡 大阪大学
人間科学部
2 子どものアニミズム的思考と自然物分類の発達 川村久美子 東京都立大学
人文学部
3 聾及び難聴児における「言語」学習及び「言語活動」学習の相互促進的援助の実験的並びに実践的試み 細谷 純 東北大学
教育学部
4 女性の人格的発達と社会的適応
-職業形成(キャリア・ディヴェロップメント)と性役割観が果たす役割を主に-
若松素子 東京女子大学
文理学部
■ 昭和62年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 自閉症児の行動療法における般化と維持の規定要因としての自然的強化随伴性 内田一成 道都大学
社会福祉学部
2 道徳性の発達と親の態度
-国際比較研究-
山岸明子 東京経済大学
3 子どもの推論過程と知的達成に関する研究
-なぞなぞを材料として-
青柳 肇 早稲田大学
人間科学部
4 乳幼児のパーソナリティの発達と母子関係 菅原ますみ 湘北短期大学
幼児教育科
■ 昭和63年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 児童の分数概念と理解過程の分析と教授的介入 栗山和広 宮崎女子短期大学
2 概念発達における擬人的類推の効用と限界 波多野誼余夫 独協大学
教養部
3 自省的学習環境における問題解決ストラテジーの発達に関する研究
-幾何学の証明ストラテジーを中心として-
森田英嗣 大阪大学
人間科学部
4 雪国の子どもの活動性
-冬に不活発になるのか?-
林 春男 弘前大学
人文学部
■ 平成元年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 子どもの抑うつ傾向に及ぼす原因帰属スタイルの影響 櫻井茂男 奈良教育大学
教育学部
2 3才児の問題行動調査のための方法論的検討 森田 博 帝京大学
医学部
3 乳児期における顔の動きの模倣に関する研究 池上貴美子 京都大学
教育学部
4 乳幼児の課題解決における見通しと想起の発達 山下由紀恵 島根県立島根女子短期
■ 平成2年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 幼児の自己制御機能の発達と規定因 西野泰広 豊橋短期大学
幼児教育科
2 日本における母乳育児・離乳の現状と課題   根ヶ山光一 武庫川女子大学
文学部
3 読書行為に対する信念の形成と発達 秋田喜代美 東京大学大学院
教育学研究科
4 青年の共感性の測定方法に関する検討 高木秀明 横浜国立大学
教育学部助
■ 平成3年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 子どもの数と数詞の理解に及ぼす日本語の影響
-「ひふみ読み」に焦点を当てて-
藤井斉亮 山梨大学
教育学部
2 初期言語発達における普遍性と文化的差異の諸相
-日米比較研究-
小椋たみ子 島根大学
教育学部
3 思春期・青年期における家族関係と自律性の発達   遠藤利彦 東京大学大学院
教育学研究科
4 学校における児童の感情の評価についての研究
-動機づけとの関連で-
丹羽洋子 筑波大学
心理学系
■ 平成4年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 幼児の外国語に関する知識が、その日本語の認識に及ぼす影響について 針生悦子 東京大学大学院
教育学研究科
2 早期幼児期における自閉症評定尺度の開発と行動特徴に関する研究 伊藤英夫 東京学芸大学付属
特殊教育研究施設
3 算数科授業の集団解決における評価・改善活動を重視した授業設計に関する研究 石田淳一 横浜国立大学
教育学部
4 「生活科」についての教育心理学研究 藤岡秀樹 岩手大学
教育学部教職科
■ 平成5年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 生活言語と学校言語の相互作用に関する研究 石黒広昭 宮城教育大学
教育学部
2 わが国で開発された発達指標についてのデータベースの作成 佐藤達哉 東京都立大学
人文学部
3 小学校児童における分数の概念と計算手続きの発達に関する研究 清水美憲 東京学芸大学
教育学部
4 幼児におけるリズム反応 石王敦子 京都大学
教育学部
■ 平成6年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 思春期の身体的発達過程と心理的適応度についての縦断的研究 向井隆代 精神保健研究所
社会精神保健部
2 日英の教科書に見る子どもの社会化 塘利枝子 白百合女子大学
大学院
3 学業達成場面における感情と学習動機づけ 奈須正裕 神奈川大学
経営学部
■ 平成17年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 異文化体験からの適応困難を体験しているアメリカ在住日本人児童へのプレイセラピー(遊戯療法)の実施とその効果の実証的研究 小川裕美子 ノーステキサス大学
2 乳幼児期における身体,情緒的発達に関する実験的研究 川田 学 香川大学
3 幼児はマルチメディアを利用した絵本をどの様に読むのか 村上 涼 四国大学
4 保育園児の調整・仲直り行動の発達的検討-身体接触に注目した保育の日英比較研究- 広瀬美和 早稲田大学
5 幼児の複合概念の理解の発達過程 藤木大介 広島大学
6 食行動に見る母子間交渉の比較認知発達研究 上野有理 東京大学
7 障害者(児)乳幼児,高齢者の共生による相互的発達に関する研究 角田雅昭 青山学院大学
■ 平成18年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 幼児における教示行為の発達過程:「心の理論」との関連から 赤木和重 三重大学
2 運動発達障害児の体力特性とその測定方法に関する研究 大須田祐亮 札幌医科大学大学院
3 幼児期の子どもにおける空間表現の発達的変化-自発的身振りと発話による検討- 関根和生 白百合女子大学大学院
4 幼児の「心の理論」と母子の言語的相互交渉 東山 薫 聖心女子大学大学院
5 多動性・衝撃性の高い児童の対人関係の発達を促す臨床心理学的援助に関する研究 中村真樹 九州大学大学院
6 幼稚園におけるICTリテラシー教育が子どもに与える影響について 中村 恵 奈良教育大学大学院
7 児童期・青年期における多面的動機づけの発達的変化と対人相互作用過程 中谷素之 大阪大学大学院
8 母親の育児ストレスと母子関係-縦断研究による検討- 長谷川麻衣 聖心女子大学大学院
9 幼児の動物の死の概念と、ペットロス経験後の生命観の変化に関する研究 濱野佐代子 ヤマザキ動物看護短期大学
10 軽度発達障害のある幼児の行動変容に関する実践的研究
-こども集団内での行動と保護者のかかわりとの関連から-
松井剛太 広島大学大学院
11 幼児の砂遊びの発達過程-遊びの構造と展開に注目して- 箕輪潤子 東京大学大学院
12 心理的負債感の発達的変化とその発生のメカニズム 泉井みずき 東京学芸大学大学院
■ 平成19年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 幼児はどのように遊びを変化させるのか
-自由遊び場面における非社会的遊びの変化過程の検討-
淡野将太 広島大学大学院
2 保育の場における「気になる」子どもの社会的遊びへの参加に関する研究 飯島典子 東北大学大学院
3 中国に適合した自閉症児の早期診断と発達支援システムの開発に関する研究 于 暁輝 東京学芸大学大学院
4 乳幼児の豊かな知性・感性を育む環境づくり
~保育・教育施設における“音響設計”を通して~
及川靖広 早稲田大学
5 幼児期の他者の誤った行動に対する理由づけに実行機能が果たす役割 小川絢子 京都大学大学院
6 発達障害児へのソーシャルスキル訓練とその効果に関する脳機能計測の検討 斉藤由里 東海学院大学
7 幼児期の子どもをもつ親の養育スキルに関する研究
-保育者評定による子どもの特徴と親の養育スキルとの関連-
三鈷泰代 筑波大学大学院
8 母親の「子どもの心に目を向ける傾向」の発達的変化について
-乳~幼児期に亘る長期的検討-
篠原郁子 京都大学大学院
9 3歳児における遊びと仲間関係の共発達-遊びのなかでの間主観的な相互作用の変化が親密性の形成に与える影響に着目して- 高櫻綾子 東京大学大学院
10 親のもつ子どもの能力についての認識および能力観が子どもに与える影響について 田中あゆみ 同志社大学
11 乳幼児におけるテレビ映像理解の発達に関する研究 旦 直子 東京大学
12 対人葛藤場面における謝罪行動と許しに関する発達的研究 早川貴子 上智大学大学院
13 作為と不作為の理解に関する認知発達的研究 林 創 京都大学
14 校庭の芝生化がコミュニケーション能力の発達に及ぼす効果 福田美紀 同志社大学
15 非行化した少年の積み残した発達過程への再チャレンジ
-矯正教育における、「育て直し」という発達的視点-
松浦直己 奈良教育大学特別支援教育研究センター
16 感情的発達のメカニズムに関する検討
-養育者の認知的評価の枠組みに着目して-
山内星子 名古屋大学大学院
17 日本人幼児における英語の音韻意識の形成に関する発達的変化 湯澤美紀 ノートルダム清心女子大学
■ 平成20年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 子どもの自己調整学習の形成因としての親の動機づけスタイルおよび学習習慣・生活習慣のあり方 伊藤崇達 愛知教育大学
2 母親の適応的かかわりを高める支援モデルの構築 -乳幼児・母親の関係性構築のために- 上嶋菜摘 名古屋大学大学院
3 子どもの出来事の報告におけるドール(人形)の使用 上宮 愛 神戸女学院大学大学院
4 幼児期における動く物体に対する物理的概念の発達について -子どもの探索行動による検討- 大杉佳美 同志社大学
5 保育士養成校における領域「人間関係」の授業のあり方についての研究 -子どもの人間関係の形成を効果的に援助・促進するために- 神垣彬子 川崎医療短期大学
6 攻撃行動の発達と親の養育行動との関係の検討 -社会的情報処理モデルを媒介として- 桑原千明 筑波大学大学院
7 子どもの目撃証言能力を規定する要因に関する研究 -外部情報のソースモニタリング能力に関する実験的検討- 近藤 綾 広島大学大学院
8 幼児における自己主張行動の発達的研究 -3~4才児の縦断的観察からの検討- 鈴木亜由美 広島修道大学
9 児童期における謝罪行動の発達的変化:親密性との関連 田村綾菜 京都大学大学院
10 幼児の因果理解に関する発達的研究:願いごとをするという行為との関連性からの検討 塚越奈美 中京女子大学
11 発達障害児の行動調節における言語化の確立操作機能に関する研究 中内麻美 立教大学大学院
12 乳児の母親顔認識における発達過程の検討 仲渡江美 中央大学研究開発機構
13 幼児の遊びにおける意味生成とモノ、空間の関係機序 長橋 聡 北海道大学大学院
14 学校におけるいじめの加害体験・被害体験に影響を与える家庭環境要因の検討 西田淳志 東京都精神医学総合研究所
15 児童期・青年期における感情コンピテンスの特質と発達的傾向に関する検討 森口竜平 神戸大学大学院
16 自閉症における親子の相互作用とその影響要因に関する研究 -正常幼児との比較から- 山口正寛 神戸大学大学院
■ 平成21年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 子どもの動機づけが高まる“ほめられた経験”の検討 -ほめられた経験を構成する要素・枠組みの視点から- 青木直子 藤女子大学
2 現代青年にみられる特徴的な友人関係と学校適応、心理的適応との関連 石本雄真 神戸大学大学院
3 小中学生における割合文章題の解決水準に関する縦断的研究 蛯名正司 東北大学大学院
4 養育者は子どものどのような応答を絵本の物語理解とするのか? -間主観的理解からの検討- 太田礼穂 筑波大学大学院
5 幼児期の養護性nurturance測定法の開発 楜澤令子 日本女子大学大学院
6 AR技術を用いた幼児用教材の開発と評価 小杉大輔 静岡理工科大学
7 乳児期の読書環境構成に関する発達研究 -絵本場面における実物への指さしを中心として- 菅井洋子 日本女子大学大学院
8 2~3歳児はどのように他児とコミュニケーションを行うか? -遊び場面でみられる相互模倣に着目して- 瀬野由衣 東京大学大学院 
9 幼児期における数量処理の意味的・社会的側面に関する実験的検討:分配、多少等比較を題材として 高田 薫 立命館大学
10 幼稚園・保育所における物理的環境の調査 -子どもの発達のための環境とは何か- 高橋節子 お茶の水女子大学大学院
11 幼児の不安傾向とその関連要因の検討 -不安傾向の変化と乳幼児期の子どもの気質・養育者の養育行動との関連- 西澤千枝美 筑波大学大学院
12 広汎性発達障害児における他者の見えの理解 福田祥子 大阪大学大学院
13 幼児期・児童期初期における自己知覚の発達と精神的健康との関連 眞榮城和美  清泉女学院大学
14 幼児はヒト以外のエージェントから言葉を学習することができるか 森口佑介 上越教育大学
■ 平成22年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 幼児の構音不明瞭と手指運動の発達との関連について-言語聴覚士と作業療法士の視点で検証- 池田泰子 聖隷クリストファー大学
2 授業に積極的に参加している児童は動機づけが高いのか? -授業雰囲気による学級別の検討- 大久保智生 香川大学
3 児童期・青年期の身体感覚に関する発達的変化と臨床心理学的援助の検討 小澤永治 九州大学 
4 絵画表現に消極的な子どもの描画発達を促進する新しい援助方法の構築 小田久美子 ノートルダム
清心女子大学
5 自閉症児におけるソーシャルブレイン障害の解明 -遅延自己像及び反鏡映自己像認知による検討- 菊池哲平 熊本大学
6 知的障害児における基本運動発達アセスメント法の開発 勝二博亮 茨城大学
7 児童における関係性攻撃の認識についての研究 関口雄一 筑波大学大学院
8 幼児の図形把握および図形描画に関する実験的研究 高島 翠 日本大学
9 論理的思考の神経基盤の発達:近赤外分光法(NIRS)を用いた研究 辻井岳雄 日本大学
10 読書興味の発達段階モデルについての再検討 野口武悟 専修大学
11 定型発達児および発達障がい児における注意の移動に関する実験的検討 日比優子 静岡英和学院大学
12 自閉症スペクトラム障害をもつ児童生徒の心理的ストレス症状軽減に対する認知行動論的アプローチに関する検討 蓑﨑浩史 早稲田大学大学院
13 乳児期の子どものアタッチメント安定性と幼児期の社会情動コンピテンス:縦断的検討 本島優子 富山大学附属病院
周産母子センター
■ 平成23年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 心とコミュニケーションの相互作用を理解する : 幼児期の行為への社会的影響の理解に関する実験的検討 石川勝彦 九州大学大学院
2 乳児による動く表情の認知 市川寛子 中央大学研究開発機構
3 特別支援が必要な児童の対人相互作用に着目した集団心理的介入の有効性 小関俊祐 愛知教育大学 
4 小学生の認知発達に合わせた問題解決スキル訓練の有効性の検討 高橋 史 信州大学
5 神様は何でもお見通しか? : 幼児における神様の超自然的知覚についての概念 中道圭人 常葉学園大学
6 幼児の認知処理速度と心理的適応との関係に関する実験的検討  -幼児期の心理的適応度を簡単に測定する方法の提案- 野内 類 東北大学加齢医学研究所
7 マインドフルネストレーニングがADHD症状に及ぼす効果 藤田彩香 早稲田大学大学院
8 思春期の発達障害児をもつ親のためのペアレントトレーニングプログラムの開発 松尾理沙 鳥取大学大学院
9 保育者が障害幼児に対する支援計画を作成・展開させる際に必要な仕掛けとは? -観点の異なる2つの支援計画作成ツールの開発を通して- 真鍋 健 くらしき作陽大学
10 行為情報が乳児の視聴覚間協応に及ぼす影響 -視線計測からのアプローチ- 丸山 慎 東京大学大学院
11 児童における孤独感への対処行動が心理的適応に及ぼす影響 -感情の動機づけ機能に着目して- 村上達也 筑波大学大学院
12 幼児期における文脈推論能力と方略の発達的検討 : 指示対象付与における語用論的解釈の発達と障害 村上太郎 九州大学大学院
■ 平成24年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 関係性発達の基底構造を母子身体接触遊び場面に探る : マルチモーダルな時系列構造の分析 石島このみ 早稲田大学大学院
2 育てにくさを感じている保護者に対するペアレンティングの効果 井上菜穂 鳥取大学大学院
3 神経心理学的機能の向上が発達障害に特有な認知行動的課題の改善に及ぼす影響 今井正司 名古屋学芸大学・早稲田大学応用脳科学研究所招聘研究員
4 自閉症スペクトラム障害児のセルフ・モニタリングの行動調整機能に関する研究 太田 研 立教大学心理教育相談所
5 乳児におけるモノの動きと同期するラベルの解釈 -文法的手がかりによる指示対象の明確化- 大竹裕香 東京大学大学院
6 発達障害児の母親と支援者間をつなぐICTを用いた交換日記帳システム ~日々の協働から育むペアレントトレーニングを目指して~ 小越咲子 福井大学
7 乳児の母親が行う調律的応答の個人差要因は何か -母親が抱く“子ども表象”に着目して- 蒲谷槙介 東京大学大学院
8 指さしの起源と発達経路の解明 : 1歳から2歳までの縦断的研究 岸本 健 聖心女子大学
9 高機能自閉症児の自己理解の特性と他者との調整機能の関連 小島道生 岐阜大学
10 多機関・多職種連携型事例検討における対人援助専門職の心理的変化に関する予備的研究 -福祉施設での実践から- 田中真理 東京成徳大学大学院
11 遺伝子多型が母子間視線コミュニケ―ションに与える影響の解明 土居裕和 長崎大学大学院
12 被排斥者への共感プロセスにおけるexperience sharing と mentalizing の機能的差異の解明 中島健一郎 長崎女子短期大学
■ 平成25年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 注意欠陥/多動性障害、広汎性発達障害、及び合併症例の前頭葉機能評価とその臨床応用 浅野みずき 福井大学子どものこころの発達研究センター
2 新奇な環境における乳児の運動の多様性と変化可能性
-主成分分析による運動の時空間パターンの分析-
加藤 萌 東京大学大学院
3 マインドリーディングにおける現実バイアスの生起メカニズムの解明
-幼児と成人との比較を通じて-
佐藤賢輔 東京大学大学院
4 乳幼児における公平感の発達 : 眼球運動による検討 高岸治人 玉川大学脳科学研究所
5 発達障害を有する子どもの「食・食行動」の困難に関する発達支援研究-発達障害の本人・当事者へのニーズ調査から- 田部絢子 大阪体育大学
6 感情推測課題における視覚的注意の分析
-健常児と自閉症スペクトラム児の比較検討-
土谷亜矢 白百合女子大学
7 児童のサイコパシー傾向と攻撃行動との関連
-素因ストレスモデルに基づく関連調整効果の検討-
西村多久磨 筑波大学
8 健常児/自閉症児を対象とした、連合(ルール)学習時における行動上の違いとその違いの原因の究明 塙 杉子 東北大学加齢医学研究所
9 逆境経験へのレジリエンスを規定する要因の発達学的検討 藤澤隆史 福井大学子どものこころの発達研究センター
10 未熟児における社会的認知機能の評価及び効果的な支援方法の検討 : 視線計測を用いた研究 細澤麻里子 順天堂大学
11 自閉症スペクトラムにおける視覚「ブロッブ障害仮説」の脳内基盤の検証 : 事象関連電位を用いた研究 山﨑貴男 九州大学大学院
12 虐待不安の発生機序及び心理的帰結の検討
-妊娠期から産後までの縦断研究-
渡邉茉奈美 東京大学大学院
■ 平成26年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 18ヵ月児の攻撃性発露メカニズムの解明 : 大規模出生コホートに基づく検討 浅野良輔 浜松医科大学子どものこころの発達研究センター
2 動機づけ調整による児童の自律的な家庭学習プロセスの解明 梅本貴豊 名古屋大学
3 長期休暇中における子どもの時間管理能力の発達支援 : 時間管理タイプと学業成績・認知的能力 岡崎善弘 岡山大学
4 児童期の攻撃性の構造関係と感情処理過程との関連についての基礎的調査研究 勝間理沙 大阪人間科学大学
5 幼児期の言語的柔軟性と実行機能及び心の理論の関係 久津木 文 神戸松蔭女子学院大学
6 ロボットを用いたASD児の共同注視への介入効果についての予備的研究 熊崎博一 福井大学子どものこころの発達研究センター
7 児童・生徒のネットいじめにおける“witness”の検討 黒川 雅幸 愛知教育大学
8 他者との相互作用を考慮した幼児の造形表現プロセスの検討 佐川早季子 東京大学大学院
9 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の使用が思春期の痩せ願望に与える影響 : 思春期コホートによる縦断的検討 杉本徳子 東京大学大学院
10 発達に困難を抱える子どもの非行(虞犯・触法・犯罪)の実態と支援の課題
―少年鑑別所・少年院の職員への全国調査から―
内藤千尋 白梅学園大学
11 マザリーズによる乳幼児の言語発達促進効果に関する縦断的研究 久永聡子 長崎大学大学院
12 定型・非定型発達児を対象とした他者視点取得に関する神経基盤の解明 平井真洋 自治医科大学
13 発育期のうま味摂取による情動形成メカニズム
-注意欠陥多動性障害モデルラットにおける社会性亢進の脳内機構の解明-
三角吉代 名古屋市立大学大学院
14 乳幼児におけるカテゴリカル色知覚の脳内処理の発達と異文化比較 楊 嘉楽 中央大学
■ 平成27年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 親の肯定的・否定的養育行動と発達障がい児の向社会的行動および内在化・外在化問題との関連 足立匡基 弘前大学大学院
2 児童期の会話場面における語用論知識の発達と障害:依頼の要求表現課題を用いた直接‐間接発話の理解について 今井智子 白百合女子大学
3 先天性中枢性低換気症候群 (CCHS) の疾患像と発達予後への影響因子の検討 緒方朋実 群馬大学大学院
4 自閉症スペクトラムにおける認知機能と偏食・腸内細菌との関連 後藤幸織 京都大学霊長類研究所
5 乳児は似顔絵から母親顔を認識できるか 小林 恵 自然科学研究機構生理学研究所・統合生理研究系
6 児童期・青年期における後悔の予測・利用能力と社会的発達 小宮あすか 高知工科大学総合研究所
7 他者の心的状態の理解および利用スキルの適用メカニズム 佐藤友美 中部大学
8 子どもが親の精神疾患を受け止める心理プロセスに関する研究 塩澤彩香 筑波大学大学院
9 幼児における自然笑顔と作り笑顔に対する社会的期待に関する研究 宋 睿婷 熊本大学
10 養育者は身近な死から子どもに生命をどのように教えるのか―家庭での生命観教育に影響を与える要因の検討― 田中美帆 神戸大学大学院
11 PTSDにおける不安増強機構の解明 橋本 隆 福井大学
12 幼児の捉える感情語の意味の解明 浜名真以 東京大学大学院
13 手の視覚的認知における社会的関係性による調節機構-定型発達児と自閉症スペクトラム障害児との比較- 福井隆雄 国立障害者リハビリテーションセンター研究所
14 ゲノム高次構造の破綻がもたらす中枢神経発達障害のメカニズム解明 藤田 幸 大阪大学大学院
15 自閉症スペクトラム障害児における発話と身振りの統合的理解の発達と指示語発話の効果 三宅英典 広島大学大学院
■ 平成28年度 受賞者一覧表
No. 研究課題 研究代表者 所属研究機関
1 自閉症児童における顔の自他分離に関わる認知神経基盤の解明 池田華子 国立障害者リハビリテーションセンター研究所
2 運動会における仲間関係の変容が幼児の心の理解の発達に及ぼす影響 及川智博 北海道大学大学院教育学院
3 乳幼児の日中活動量が唾液中および尿中のホルモン分泌に及ぼす影響 大平雅子 滋賀大学
4 乳幼児触覚発達の神経基盤:NIRSを用いた縦断的検討 菊野雄一郎 長崎大学大学院
5 福祉型障がい児入所施設で生活する児童生徒を対象とした集団ストレスマネジメントプログラムの開発と有効性の検討 小関真実 早稲田大学
6 乳児における投射影の抑制処理の検討 佐藤夏月 中央大学大学院
7 自閉スペクトラム症児におけるオンライン推論能力の特徴の解明 赤塚 望 大阪大学大学院
8 DCD児の協調運動技能のチェック票の作成と、その有効性の検証 橋本竜作 北海道医療大学
9 放課後児童クラブの指導員に対するペアレント・プログラム研修の効果 原田 新 岡山大学
10 自閉症児者の母親と同居の祖父母の良好な関係を築く要因に関する研究 水内豊和 富山大学
11 一見不合理的に見える「わざわざ感」のある指示行為がもたらす意味情報 安田哲也 十文字学園女子大学
12 周産期の環境と児の発達遅延との関連:大規模母子保健情報による検討 吉田都美 京都大学大学院
13 ライフコースアプローチによる思春期のwell-being実現に向けた要因解明 渡邊久実 筑波大学大学院
もどる

Copyright (C) 2001-2005 CODER (CENTER OF DEVELOPMENTAL EDUCATION AND RESEARCH) All Rights Reserved